top > BAの活動

スマートプラットフォーム・フォーラム:
BAは設立10周年を迎え、次なるステージに向け、平成25年9月、「スマート時代のプラットフォームの課題を考える」をテーマとする「第7回ブロードバンド特別シンポジウム」を開催し、平成25年12月に、村井純氏(慶應義塾大学 環境情報学部長)を委員長とする「スマートプラットフォーム・フォーラム(SPF)」を設立しした。
本フォーラムは、グローバル、ジャパンイニシアチブの視点、2020年の東京オリンピック、TPPを視野に、「スマート時代」のプラットフォームのあるべき姿を検討し、共通課題の解決、新産業の創出、産業のスマート化、プラットフォーム(WEB)の国際標準化に貢献します。
平成26年3月、“新産業を創出する「スマートプラットフォーム・フォーラム~第1弾:農業分野のスマート化からビジネスを考える”をテーマに、検討課題をオープンに議論する「第1回スマートプラットフォーム・フォーラム」(以下公開フォーラムと略称)を、関係団体の共催を得て、慶應義塾大学 三田キャンパスで無料で開催した。この農業分野を皮切りに、健康・医療分野、住環境分野を対象に、5回に渡る公開フォーラムを開催し、ここで抽出された課題を分科会で検討し、検討状況/検討成果を公開フォーラム、コンテスト等で発表した。
フォーラム設立から2年半を経過し、委員長は村井純氏から森川博之氏(東京大学 先端科学技術研究教センター 教授)に代り、平成28年10月に、新たな視点も加え、“2020年のスマートプラットフォーム~”のテーマで、「第6回公開フォーラム」を、東京大学 本郷キャンパスで、関係団体の共催を得て、無料で開催した。
平成29年に入って、一段落した農業分野のテーマについては成果をまとめ、整理している。一方、健康・医療分野については、平成29年11月に開院予定の湘南慶育病院における「Hospital in the Home」の実証実験への参加に向け、継続検討している。平成29年7月には、<2020年IoTで日本を元気に!>を目指し、“イノベーションを成功させるデザイン&「新事業育成分科会」等の新設”をテーマに、「第7回公開フォーラム」を開催している。
これまでの「スマートプラットフォームフォーラム」の実施状況はこちら(PDF資料)実施概要、分科会の主なイベント/成果は下記に掲載。

Jul 05, 2017

第7回スマートプラットフォーム・フォーラム


  1. テーマ

  2. <2020年IoTで日本を元気に!>イノベーションを成功させるデザイン&「新事業育成分科会」等の新設

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2017年7月5日(金)14:00~18:00
    場所:東京大学 本郷キャンバス/武田ホール

  5. 案内チラシ
  6. 007_SPF.pdf

  7. 講演模様
  8. 来場者数:115名、ネット配信来場者数:235名



    • フォーラム風景


    • 開会挨拶:森川博之 委員長(東京大学 先端科学技術研究センター教授)


    • 基調講演:白根英昭氏(mct 代表取締役CEO) 「なぜイノベーションにデザインが必要か?」


    • 講演Ⅰ:平井千秋氏(日立製作所 東京社会イノベーション協創センタ 主管研究長)「デザイナーと研究者が出会うとき - 同床化によるイノベーションの試み」


    • 講演Ⅱ:角岡幹篤氏(富士通研究所IoTシステム研究所IoTサービスプラットフォムプロジェクト)「有志からイノベーションを目指して~87プロトタイプの意味~」


    • 有本香織氏(NTTドコモ 第一法人営業部IoTプロジェクトチームIoTデザインガール)「ドコモの農業IoTと地方創生の取り組み」


    • パネルディスカッション(イノベーションを成功させるデザイン)討論風景
      モデレータ(左):森川博之 委員長、 パネリスト:白根英昭氏、平井千秋氏、角岡幹篤氏、有本香織氏


    • 庄司昌彦 分科会主査(国際大学GLOCOM 准教授)「農業データ・コンテンツ分科会からウェルフェアイノベーション分科会へ」


    • 杉本誠司 分科会主査(エクサシーズ代表取締役社長、元 ニワンゴ代表取締役社長)「新事業育成分科会の活動について」

  9. 特記事項

  10. (1) フォーラム終了後の交流会参加者数:47名
    実施場所:武田ホール・ホワイエ(会場入口の団欒の場)
    実施時間:18:10~19:40
    (2) アンケート調査
    総回答数42名(回答率:44%) 本講演会は有意義でしたか?の質問に対し、有意義が100%(内訳:大変有意義:47.5%、有意義:52.5%)と高い評価を頂 きました。