top > BAの活動

スマートプラットフォーム・フォーラム:
BAは設立10周年を迎え、次なるステージに向け、平成25年9月、「スマート時代のプラットフォームの課題を考える」をテーマとする「第7回ブロードバンド特別シンポジウム」を開催し、平成25年12月に、村井純氏(慶應義塾大学 環境情報学部長)を委員長とする「スマートプラットフォーム・フォーラム(SPF)」を設立しした。
本フォーラムは、グローバル、ジャパンイニシアチブの視点、2020年の東京オリンピック、TPPを視野に、「スマート時代」のプラットフォームのあるべき姿を検討し、共通課題の解決、新産業の創出、産業のスマート化、プラットフォーム(WEB)の国際標準化に貢献します。
平成26年3月、“新産業を創出する「スマートプラットフォーム・フォーラム~第1弾:農業分野のスマート化からビジネスを考える”をテーマに、検討課題をオープンに議論する「第1回スマートプラットフォーム・フォーラム」(以下公開フォーラムと略称)を、関係団体の共催を得て、慶應義塾大学 三田キャンパスで無料で開催した。この農業分野を皮切りに、健康・医療分野、住環境分野を対象に、5回に渡る公開フォーラムを開催し、ここで抽出された課題を分科会で検討し、検討状況/検討成果を公開フォーラム、コンテスト等で発表した。
フォーラム設立から2年半を経過し、委員長は村井純氏から森川博之氏(東京大学 先端科学技術研究教センター 教授)に代り、平成28年10月に、新たな視点も加え、“2020年のスマートプラットフォーム~”のテーマで、「第6回公開フォーラム」を、東京大学 本郷キャンパスで、関係団体の共催を得て、無料で開催した。
平成29年に入って、一段落した農業分野のテーマについては成果をまとめ、整理している。一方、健康・医療分野については、平成29年11月に開院予定の湘南慶育病院における「Hospital in the Home」の実証実験への参加に向け、継続検討している。平成29年7月には、<2020年IoTで日本を元気に!>を目指し、“イノベーションを成功させるデザイン&「新事業育成分科会」等の新設”をテーマに、「第7回公開フォーラム」を開催している。
これまでの「スマートプラットフォームフォーラム」の実施状況はこちら(PDF資料)実施概要、分科会の主なイベント/成果は下記に掲載。

Jul 05, 2017

第7回スマートプラットフォーム・フォーラム


  1. テーマ

  2. <2020年IoTで日本を元気に!>イノベーションを成功させるデザイン&「新事業育成分科会」等の新設

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2017年7月5日(金)14:00~18:00
    場所:東京大学 本郷キャンバス/武田ホール

  5. 案内チラシ
  6. 007_SPF.pdf

  7. 講演模様
  8. 来場者数:115名、ネット配信来場者数:235名


Mar 26, 2017

コンテンツ分科会 RESASアプリコンテストで協賛企業賞を受賞


デジタルコンテンツ・データ分科会(主査;庄司昌彦)は、3月26 日(日)にベルサール六本木コンファレンスセンター で開催した「RESASアプリコンテスト(注)最終審査会&表彰式において「サツマイモナビ」オープンな次世代食・農情報流通基盤Nober(農場)を説明、協賛企業賞(ソフトバンク・テクノロジー賞)を受賞した。 (注:内閣府が地方創生活動の一環として実施しているアプリコンテスト)


RESASアプリコンテスト最終審査会の会場にて


参考情報
・RESASアプリコンテスト公式ホームページ
https://opendata.resas-portal.go.jp/contest/index.htmll
・「RESAS アプリコンテスト」の結果について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/appcontestkekka.pdfl
・RESASアプリコンテストで発表した動画


Oct 21, 2016

第6回スマートプラットフォーム・フォーラム


  1. テーマ

  2. 2020年のスマートプラットフォーム IoTで日本を元気に!

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2016年10月21日(金)13:30~17:30
    場所:東京大学 本郷キャンバス/武田ホール

  5. 案内チラシ
  6. 006_SPF.pdf

  7. 講演模様
  8. 来場者数:95名、ネット配信来場者数:90名


Aug 27, 2016

「農業×IT」前提社会を創るハッカソン(その2)


  1. 開催趣旨
  2. 農業にIT導入が当たり前になる社会、この実現を目指して、農業×IT前提社会を創るハッカソンを開催します。今年の4月に、生育をテーマにハッカソンを実施しまし。 今回は、「ハードウエア(IoTデバイス)」をテーマに、「農業×IoTハッカソン」を秋葉原で実施します。 実運用可能なレベルに仕上がったハードウエアは、東京大学附属生態調和農学機構(旧東大農場)での実証実験に進むことができます。

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2016年8月27日(土)、28日(日) 両日とも 10:00~18:00 
    場所:秋葉原DMM.make

  5. 案内チラシ

  6. http://www.npo-ba.org/AG201608.pdf

  7. 実施内容
  8. 関係者のご協力のもと、センサー、並びにセンサーアプリを試作、センサー情報をセンターに送って情報を蓄積、分析、表示。狭義の参加者30名を5組に分けて成果を競った。

  9. 参加者数
  10. 広義:54名、狭義(アプリ作成者):30名

  11. 開催模様

  12. 開催模様は、ネット(下記)で取り上げられています。
    http://iottoday.jp/articles/-/82




Apr 23, 2016

「農業×IT」前提社会を創るハッカソン(その1)


  1. 開催趣旨
  2. 農業にIT導入が当たり前になる社会の実現を目指して、ハッカソンを開催します。今回は、東京大学附属生態調和農学機構(旧東大農場)において、生育をテーマに開催します。

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2016年4月23日(土)、24日(日) 両日とも 10:00~18:00 
    場所:東京大学 田無農場
    東京都西東京市緑町1-1-1東京大学附属生態調和農学機構内(東京都文京区弥生1-1-1 東大農学学部内)

  5. 案内チラシ
  6. http://www.npo-ba.org/sagri

  7. 実施内容
  8. 東京大学のご協力のもと。実際の圃場で。麦の生育状況を写真に撮り、映像分析により植被率を測定、生育状況の把握や処置などを表示するアプリを作成、狭義の参加者15人を4組に分けて成果を競った。

  9. 参加者数
  10. 広義:32名、狭義(アプリ作成者):15名

  11. 開催模様





Mar 28, 2016

第5回スマートプラットフォーム・フォーラム


  1. テーマ

  2. 2020年のスマート健康・医療プラットフォーム

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2016年3月28日(金)14:00~18:00
    場所:慶應義塾大学 三田キャンパス/北館ホール

  5. 案内チラシ
  6. 005_SPF.pdf

  7. 講演模様
  8. 来場者数:154名、ネット配信来場者数:419名


Mar 19, 2016

コンテンツ分科会 LODチャレンジで2年連続受賞


デジタルコンテンツ・データ分科会(主査;庄司昌彦)は、「農業生産物の選択の幅を広げるノーバ(エピソード2)」で、LOD チャレンジJapan 2015 審査員特別賞 LOD推進賞を受賞いたしました。授賞式が2016年3月19日慶應義塾大学三田キャンパス南校舎ホールにて行われました。2014年のアイデア部門優秀賞に引続く2年連続の受賞となります。


表彰状を受ける庄司主査(左)

詳細は、「スマートプラットフォーム・フォーラム」 コンテンツ分科会がLODチャレンジで2年連続受賞」参照

Sep 11, 2015

第4回スマートプラットフォーム・フォーラム


  1. テーマ

  2. 高齢化社会における住環境のスマート化を考える

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2015年9月11日(金)14:00~18:00
    場所:慶應義塾大学 三田キャンパス/北館ホール

  5. 案内チラシ
  6. 004_SPF.pdf

  7. 講演模様
  8. 来場者数:147名、ネット配信来場者数:494名


Mar 26, 2015

第3回スマートプラットフォーム・フォーラム


  1. テーマ

  2. 農業ITの将来と「スマートアグリ」のグローバル展開

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2015年3月26日(木)14:15~17:30
    場所:慶應義塾大学 三田キャンパス/北館ホール

  5. 案内チラシ
  6. 003_SPF.pdf

  7. 講演模様
  8. 来場者数:113名、ネット配信来場者数:710名


Mar 12, 2015

コンテンツ分科会 LODチャレンジ2014でアイデア部門優秀賞を受賞


デジタルコンテンツ・データ分科会(主査:庄司昌彦は、活動の成果(農業生産物の選択の幅を広げるノーバ(農場)~日本の農業を魅力あるものにするIT利活用~)を、LOD Challenge Japan2014年に応募したところ、アイデア部門優秀賞を受賞し、3月12日に表彰式が行なわれ表彰状をいただきました。


詳細は、「コンテンツ分科会がLODチャレンジで受賞」参照

Mar 01, 2015

「農業×IT」前提社会を創るアイデアソン


  1. 開催趣旨
  2. 農業×ITが特別なことではなくなる近い将来を見据えたアイデアソンを開催します。 インターネットはあらゆる産業のプラットフォームとして、欠かせない社会インフラになっています。一方、農業は古くからわたしたちの生活の根幹として大切な産業であり、多くのプレイヤーがIT化を推進しつつある分野です。したがって、農業とITの連携は、今後の社会においてますます大切になってきます。そこで、農業とITの結びつきが当たり前になった時代を前提としたアイデアソンを開催し、みんなで少し未来の社会のあり方について議論したいと思います。

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:2015年3月1日(日)10:00~18:30(9:30開場)
    場所:東京大学弥生講堂セイホクギャラリー
    (東京都文京区弥生1-1-1 東大農学学部内)

  5. 案内チラシ
  6. http://www.npo-ba.org/public/20150301.pdf

  7. 開催模様
  8. 参加者数:38名



     


Sep 08, 2014

第2回スマートプラットフォーム・フォーラム


  1. テーマ

  2. 「第一弾:スマート健康・医療プラットフォームの課題を考える」

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:平成22年9月8日(月)14:00~18:00
    場所:慶應義塾大学 三田キャンパス/北館ホール

  5. 講演模様
  6. 来場者数:165名、ネット配信来場者数:147名


Mar 17, 2014

第1回スマートプラットフォーム・フォーラム


  1. テーマ

  2. 「第一弾:農業分野のスマート化からビジネスを考える」

  3. 開催日時・場所

  4. 日時:平成22年3月17日(月)14:00~18:00
    場所:慶應義塾大学 三田キャンパス/南校舎ホール

  5. 講演模様
  6. 来場者数:151名、ネット配信来場者数:1308名


Dec 02, 2013

「スマートプラットフォーム・フォーラム」設立発表会の実施概要


  1. 開催日時・場所

  2. 日時:平成25年12月2日15:30~16:50
    場所:慶應義塾大学 三田キャンパス 東館ホール8F

  3. 主催:NPO法人ブロードバンド・アソシエーション(BA)


  4. 設立発表会模様

  5. 参加者総数:89名(一般参加者75名、関係者14名)


  6. 発表会の内容

  7. ・開会挨拶:山下徹 理事長(株式会社NTTデータ 取締役相談役)
    ・発起人代表 フォーラム委員長 挨拶:村井純(慶應義塾大学 環境情報学部長・教授)
    「フォーラム設立に当たって」(PDF資料)


    ・発起人 フォーラム幹事 挨拶:南政樹(慶應義塾大学 SFC研究所 研究員)
    「フォーラム活動について」(PDF資料)


    ・発起人 挨拶:稲蔭正彦(慶應義塾大学 メディア・デザイン研究科長・教授)
    「スマートとは」(PDF資料)


    ・発起人 挨拶:舟橋洋介(W3C Web and TV Interest Group 共同議長)
    「W3CとWEB面からのコメント」(PDF資料)


    ・発起人 挨拶:飯野嘉郎(NPO法人ブロードバンド・アソシエーション 事務局長)
    「フォーラムの位置付け」(PDF資料)


    ・質疑応答(18:00~18:30)

    ・閉会挨拶:関祥行 副理事長(株式会社フジテレビジョン 常任顧問)

  8. 「スマートプラットフォーム・フォーラム」設立趣意書・研究会メンバー(PDF資料)


  9. ・「第7回ブロードバンド特別シンポジウム」“スマート時代のプラットフォームの課題を考える”発表資料の公開について(PDF資料)