top > BAの活動

映像配信ビジネス研究会:
日本はネットワーク・インフラの面では、世界一のブロードバンド大国になりながら、ブロードバンドを通じた映像コンテンツの配信という面では、さまざまな問題が山積し、ビジネスとしてなかなかブレーク・スルーしていない。ブロードバンドでの映像配信ビジネスをより活性化するには、それぞれの企業のさまざまの努力や挑戦と同時に、環境の整備も不可欠だと思われる。そこで、中村伊知哉(慶應義塾大学 教授)を委員長とし、映像配信プラットホーム事業者、コンテンツホルダー、有識者などが集まって議論し、連携し、時には参加者同士がビジネスを成立させることを目的とした「映像配信ビジネス研究会」を平成20年5月に設置し、月1回、研究会を始めた。 平成21年6月からは、副委員長(座長)に黒瀬泰平(慶應義塾大学 教授)が就任し、研究会を継続した。 また、平成22年11月からは、黒瀬泰平に代わって、境真良氏(国際大学GLOCOM 客員研究員が副委員長(座長)に就任し、映像配信ビジネスの発展に向けた研究会(勉強会)を、毎月開催している。
この「映像配信ビジネス研究会」活動の一環として、産官学の有識者を講師にお招きし、“「スマート時代」の映像配信ビジネスの課題を考える“をテーマとする「第4回ブロードバンド特別シンポジウム」を、ネット参加型シンポジウムとして、平成23年9月に開催し、盛況であった(ニコニコ生放送の来場者数:4万4千)。
この研究会(勉強会)の平成25年度末までの開催数は57回、この実施状況は こちら(PDFファイル)。今後は、この研究会活動の一環として、「スマート時代」の映像配信ビジネスの発展、課題解決に向けたシンポジウムを開催し、情報発信を積極的に進める予定である。

“「スマート時代」の映像配信ビジネス課題を考える”シンポジウム発表資料の公開について(PDF資料)