top > BAの活動

Mar 09, 2006

第18回BAエグゼクティブサロン


講師:稲蔭 正彦 (BA顧問、慶應義塾大学環境情報学部 教授)

テーマ:「人を楽しませる」コンテンツ戦略

コメント:コンテンツ制作のア-ティスト、デレクタ-、プロデュサ-、研究者として活躍されている稲蔭先生から、大学で研究している新しいコンテンツについて語って頂いた。はじめに、21世紀はコンテンツデザインの時代、従来は製造、これからはコンテンツが王様で、ファッション、食もコンテンツと指摘した。次にITとコンテンツの結合により、コンテンツの制作、配信が改革され、モバイルへのデジタルショ-ト配信等コンテンツの新たな視聴スタイルを生むと述べた。さらに、IT革命はコンテンツのパラダイムシストを起こし、従来の映画等のマスメディアのためのコンテンツでない、パ-ソナルメディアのためのコンテンツを生むと述べた。この21世紀型デジタルコンテンツは、ユビキタスコンピュ-ティング技術を活用し、生活の中に溶けこむ「人を楽しませる」コンテンツ=“ユビキタスコンテンツ”だと述べ、その戦略、研究実例を数多く紹介した。

参加者数:22名